「2020年」の記事一覧

仏教の無料素材集

お知らせ
仏教無料素材集

高野山真言宗やすらか庵では仏教専門の無料素材集「お寺の道具箱」をオーブしています。このイラストのような素材が無料で使えます。どの素材もメッセージがあるものばかりで、どのようにして使おうかと多摩市みな素材です。仏教は私達に […]

仏像について

お焚き上げについて
仏像のお焚き上げ

仏像は仏がこの世に降りて来る依り代として、そして私達が礼拝する時にどうしても対象物が無いと手を合わせる方向が定まらないことから、私達と神仏の世界をつなぐ役割を果たしているのです。 木の仏像は仏師が自らの邪鬼を払う修行をし […]

塵をのぞく、垢をのぞく

お焚き上げの効用
祓い賜え清め賜え

釈迦の十大弟子の一人であるシュリハンドクは何をするにも出来が悪くて覚えが悪く、自分の名前さえも忘れてしまうので、自分の名前を書いた旗を持ちながら歩いていても終いには自分が旗を持っていることも忘れたそうですが、自分の愚かさ […]

実際のお焚き上げ品

お焚き上げについて
実際のお焚き上げ品

高野山真言宗やすらか庵ではお焚き上げで全国からたくさんのお焚き上げ品が送ってこられますが、実際に送ってくる物の種類はとても多く、思い出の詰まったもの、趣味の品物、日常の愛用品、宗教、占い、縁起物、仕事、冠婚葬祭、ペット、 […]

古い御守りを焚き上げて開運

開運
古い御守

神社や寺院巡りが趣味だと言う方はとても多く、お参りするにしても、三十三観音霊場巡り、七福神霊場巡りなどの霊場巡りをはじめとして、厄除け神社巡り、開運寺院巡りなどの参拝もありますし、何気なく廻りながら歴史を調べていくのも興 […]

棺桶に入れてあげたかった眼鏡

お焚き上げの効用
棺桶に入れてあげたかった眼鏡

亡き人がいつも愛用していた眼鏡、本当は棺桶に入れてあげたかったのですけれど、お葬式のバタバタで探すことも出来ずにいて、いつのまにかすっかり忘れていて、遺品整理で故人の使っていた物を整理していたら出てきた眼鏡、思わずこれが […]

意外と使える120サイズお焚き上げ

お焚き上げの案内
お焚き上げ品の持込み

宅配便を利用したお焚き上げ供養の中でも120サイズお焚き上げ供養は、80サイズと160サイズの中間サイズで中途半端に感じるサイズなのですが、これがまた意外と使えるのです。 従来でしたら80サイズでは入らないお焚き上げ品は […]

遺品整理をしていたら意外な物が

お焚き上げについて
遺品整理をしていたら

今は亡き人の遺品整理をしていたら意外な物が見つかってびっくりしたということが実際にあって、最も多いのが亡き人の思い出の写真で、いくら歳を取っていても恋人の写真を大切にしまっていたなんてことがあるのです。 家族の中であって […]

左義長について

お焚き上げについて
どんど焼きとは

左義長とはお正月が済んで小正月を迎えた時に行う火祭りで、お正月の時に使ったしめ縄、門松、門飾り、御幣、絵馬、書初めなどを焚き上げる行事です。 全国津々浦々で行われ、地域の行事として定着している左義長はどんど焼き、とんど祭 […]

白木の位牌がデカすぎる

お焚き上げについて
白木の位牌

白木の位牌とは無垢の木で出来ていて、人が亡くなった時に亡き人の名前や戒名、没年月日、享年などを書いて枕元に祀るものです。 霊の依り代として葬儀の間はもちろんですが、火葬が済んで遺骨と共に家に帰るまでずっと亡き人の傍に付き […]

ページの先頭へ